最終更新日 2010年11月11日
お問合せサイトマップ
現在位置:トップ > 今までのトピックス

今までのトピックスをご案内しています。

2008年

【3月14日】Windows Vista対応音声ブラウザのご紹介

Windows XPからVista に乗換えのお客様に耳寄りな情報をご紹介します。
現在、音声ブラウザとして一般的にご利用が多いのは、当社でも販売しているIBMホームページ・リーダーですが、こちらは、今後Vistaに対応する予定はありません。そこで、新たにPCを導入の際にお勧めしたいのが、Net Reader(高知システム開発) です。こちらの商品は、スクリーンリーダーとして最もシェアの高いPC-Talkerと合わせてお使いいただけるようになっています。また、いち早くVista対応の最新バージョンを販売開始していることもあり、今後、音声ブラウザとしてのシェアを伸ばしていくことは確実です。NetReader についての詳細はこちらへどうぞ。→NetReaderのご案内(高知システム開発)

【2月5日】株式会社アイリング」様のサイトご紹介

最寄り駅東急東横線の「田園調布」駅から徒歩5分という便利な場所にあり、主力事業は情報システムコンサルティングの会社です。環境に優しく人に優しい商品のオンラインショップ「アイリングeショップ」も同時にオープン(2008年1月31日)されました。代表の中村氏は時代の先端をゆく情報システムと地球環境に優しい技術のご提案に力を注いでいらっしゃいます。
サイト名:株式会社アイリング http://airing.co.jp/

2007年

【11月28日】書籍 『Webアクセシビリティ −標準準拠でアクセシブルなサイトを構築/管理するための考え方と実践』 
毎日コミュニケーションズより発売中

表紙のイメージ

Webアクセシビリティに関わる方ならば、是非手元に一冊おいておきたい書籍が発売されましたので、ご紹介します。

Jim Thatcher/Michael Burks/Christian Heilmann/Shawn Lawton Henry (著),
渡辺 隆行/梅垣 正宏/植木 真 (監修),
UAI研究会 翻訳プロジェクト (翻訳)
¥ 3,990 (税込) 656ページ
毎日コミュニケーションズ
ISBN-10: 4839922209 ISBN-13: 978-4839922207

世界の専門家11人が執筆し、日本の第一人者たちの翻訳した、Webアクセシビリティ解説書の決定版の登場です。
「Webアクセシビリティ」というとき、基本的な考え方や理論から、実際の制作の場でどうすればよいかという問題、さらにそれがビジネスや法制度的にどうなっているのか、などなど非常に広範な内容が含まれます。
本書はテーマや内容ごとに、それぞれの分野の専門家が執筆することで、質量ともに「Webアクセシビリティ大全」とでも呼ぶべき、本格的な書籍となっております。
…。(後略)

毎日コミュニケーションズのサイトにある紹介文より

【10月1日】「町田をTUNAGU」キラリ★まちだ発見 第4回町田市産業祭 イベント出展のお知らせ

東京都町田市では下記の通り、来る10月20日・21日の2日間に亘って、第4回町田市産業祭を催します。アイ・クリエイツでは、このイベントに出展し、障害者支援のIT関連商品について展示をいたします。楽しい企画もたくさんありますので皆様どうぞお立ち寄りください。

イベント : 「町田をTUNAGU」キラリ★まちだ発見 第4回町田市産業祭
会期 : 2007年10月20日(土曜日) 午前10時から午後5時、21日(日曜日)午前10時から午後4時30分
会場 : 「ぽっぽ町田」、ぱるるプラザ。
展示予定 : PC-TalkerVista ネットリーダー、xpNavo、IBMホームページ・リーダーV3.04 ほか
※アイ・クリエイツは「ぽっぽ町田」で出展します。
町田商工会議所

【7月25日】ナレッジクリエーション 音声合成・配信Webサービス VDS(Voice Delivery Service) を開発

Voice Delivery System(以下、VDS)は、JavaScriptを使って、ホームページの指定箇所を読み上げるシステムで、8月上旬に提供を始める。
専用サーバで動的に音声合成するため、ホームページの提供側が自分で音声データを用意する必要が無く、読み上げさせたい文字列を用意するだけで音声読み上げ機能をホームページに実装することが可能となる。

単純にホームページの読み上げに利用する以外に、ソーシャルネットワークサイトや、ショッピングサイト、ブログなどへの組み込みが可能となり、音声読み上げを利用したサービスの可能性が拡大すると考えられる。
開発元:株式会社ナレッジクリエーション

【6月18日】高知システム開発 PC-Talker Vista を発売中

アイ・クリエイツでお取り扱い中のWindows Vista 対応スクリーンリーダーのご紹介です。
ご購入のお申し込みはお問合せからどうぞ。

PC-Talker Vista … 38,000円(税込み39,900円)
VT+ユーザー価格 … 8,000円(税込み8,400円)
PC-Talker XP ユーザー価格 … 18,000円(税込み18,900円)
その他PC-Talker ユーザ価格 … 25,000円(税込み26,250円)
開発元:株式会社高知システム開発

【1月31日】高知システム開発が PC-Talker Vista を発表

2007年1月31日、高知システム開発では、最新のOSであるWindows Vistaに対応したスクリーンリーダー「PC-Talker Vista」の発売を発表しました。PC-Talker Vista発売と同時に、MyWordX,MyMailUなど、高知システム開発のすべてのソフトがWindows Vistaに完全対応します。

対応OS:Microsoft Windows Vista(32bit版)/対応PC:Windows Vistaが快適に動作するVista Ready PC/発売日:2月22日(2月13日予約受付開始)/製品価格:PC-Talker Vista … 39,900円・VT+ユーザ価格 … 8,400円・PC-Talker XP ユーザ価格 … 18,900円・その他PC-Talker ユーザ価格 … 26,250円
株式会社高知システム開発ニュース

2006年

【11月8日】肉声に近いなめらかな音声のスクリーンリーダー「xpNavo」

株式会社ナレッジクリエーションでは、SAPI5に対応している高音質スピーチエンジン標準搭載画面ナレーター「xpNavo(エックスピーナボ)」を発売中。

新発売記念500本限定特別価格 : 20,790円 /通常価格は 26,040円(税込)
特徴:
従来に比べて肉声に近いなめらかな音声で読み上げてくれます。また、英語読み上げも精度が高いため語学学習用としても最適です。視覚障害者専用ではなく、晴眼者にも便利な必要なときだけ読み上げるモードも備えています。
関連リンク:
株式会社ナレッジクリエーション

【10月20日】キラリ・まちだ発見 第三回町田市産業祭 イベント出展のお知らせ

東京都町田市では下記の通り、来る10月21日・22日の2日間に亘って、第三回町田市産業祭を催します。アイ・クリエイツでは、このイベントに出展し、障害者支援のIT関連商品について展示をいたします。楽しい企画もたくさんありますので皆様どうぞお立ち寄りください。

イベント : キラリ・まちだ発見 第三回町田市産業祭
会期 : 2005年10月21日(土曜日) 午前10時から午後5時、22日(日曜日)午前10時から午後4時30分
会場 : まちの駅「ぽっぽ町田」、街かどギャラリー、ぱるるプラザ。会場案内図
展示予定 : xpNavo、IBMホームページ・リーダーV3.04、PC-TalkerXP V2 ほか
※アイ・クリエイツは「ぱるるプラザ」で出展します。

PC-Talker XP専用に新たに開発された音声エンジン『VT+』

株式会社高知システム開発では、より明瞭な音声でスクリーンリーダーが使用できるようになるPC-Talker XP のオプションソフト「VT+」を発売中。

  1. 高音質・ハイスピード VT+
    従来のエンジンを圧倒するスピードと、肉声に迫る音質を実現。同社ホームページに、VT+ のサンプル音声およびVT+動作確認ソフトが掲載されており、事前体験が可能となっている。
  2. VT+の動作環境
    PC-Talker XP Ver.2.0が動作する環境。インストール時にDVDドライブと、ハードディスク空き容量2GB以上が必要。メモリ512MB(推奨1GB以上)、CPU 推奨ペンティアム4、2GHz以上、ハードディスク 推奨S-ATAタイプ。
  3. 製品価格
    VT+ (DVD) 10,500円(税込)
    ※VT+を利用するには、PC-Talker XP Ver.2.0へのバージョンアップ(無償)が必要。
株式会社高知システム開発 / VT+発売のご案内

【7月26日】 高齢者・障がい者向けのパソコンシェルジェサービス

株式会社ナレッジクリエーションでは、エプソンダイレクトショップと協業で、高齢者や障がい者が電話で相談しながら自分に合ったパソコンや周辺機器の購入し、各種設定作業までをサポートする「パソコンシェルジェサービス」を開始した。サービスの内容としては次の2つがある。

  1. 1.テレコンシェルジェサービス
    高齢者や障がい者が電話でナレッジクリエーション社と相談しながら、エプソンダイレクトショップの商品の中から最適なパソコンや周辺機器を購入できるようにサポートを行なう。代行手数料(15,750円)が必要であるが、家電量販店と比較してもより安く機器の購入が可能となる。
  2. 2.ナレッジコンシェルジェサービス
    テレコンシェルジェサービスで購入したパソコンのOSやアプリケーションについて、インストール・アップデートなど各種設定作業をサポートする。また、障がい者向けソフトを含む他社を通して購入した周辺機器の設定やソフトウェアの初期セットアップもサポートしてくれる。
株式会社ナレッジクリエーション / エプソンダイレクトショップ

【5月31日】 視覚障害者・弱視・盲ろう者向け統合ソフトウェア
  Altair for Windows Version6.0のダウンロード開始
のご案内

『Altair』は視覚障害者・弱視・盲ろう者の就労、学習、生活の場でのIT利用を向上させる支援ソフトウェアです。エディタを中心とする、Webブラウザー、メーラーを統合したシームレスな作業環境を提供します。合成音声での読上げ、点字ピンディスプレイ出力、拡大文字表示が可能です。視覚情報に頼ることなく、マウスを全く使用せずにキーボードの操作だけで文章の作成、インターネットによる情報交換、情報収集が可能となります。

ALTAIR for Windows 6.0で追加・変更された主な機能

1. 初めての方、弱視の方のユーザビリティーの向上
2. Windowsの一般的なショートカット、メニューバーを採用、デスクトップ、マイドキュメント、ネットワーク上ファイルへ容易にアクセスすることが可能
3. KBDCドライバー対応により、スクリーンリーダーと『Altair』の同時利用が可能

Altairホームページ
財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター

【5月16日】 点字キーボードブレッキー体験会のご案内

写真 ブレッキー(株)ナレッジクリエーションは、6点/8点入力可能な外付点字キーボード「ブレッキー」の販売を開始するにあたり、点字キーボード「ブレッキー」体験会「ブレッキーに触ってみよう!」を開催します。

日時: 5月30日(火) 午後2時〜午後4時

場所1 大阪会場株式会社 アイフレンズ
住所: 〒554-0012 大阪市此花区西九条5−4−4
電話: 06-6462-1594
メール:info@eyefriends.jp

場所2 横浜会場: 株式会社 ナレッジクリエーション 第一会議室
住所:〒220-001 横浜市西区高島2-6-38 岩井本社ビル306
電話:045-307-9300
メール:info@knowlec.com

※定員: 両会場とも随時ご説明形式ですので、開催時間中お気軽にお出かけください。

【4月 3日】 プレクストークポータブルレコーダーPTR2

写真 プレクストークポータブルレコーダーPTR24月1日付けで、プレクストークポータブルレコーダーPTR2が日常生活用具の指定品目、価格は85000円(非課税)となりました。
1. 対象商品:プレクストークポータブルレコーダー(PTR2)
2. 改定日:平成16年4月1日より
3. 新価格:85000円(非課税)
4. 種目名:視覚障害者用ポータブルレコーダー(基準額:85000円)
PTR2特長と仕様について
プレクストークのホームページ
アイ・クリエイツでもご注文受付け・申請用にお見積書およびカタログをお送りいたします。
お問合せは、電話 042-795-9048 ファクス 042-795-9049
プレクストークポータブルレコーダーのお見積りへどうぞ。

【3月28日】IBMホームページ・リーダー(HPR)3.04修正プログラム4の公開について

IBMよりホームページ・リーダーの修正プログラムが公開されました。この修正プログラム4は、以下の問題について修正されています。詳細はIBMホームページをご覧下さい。
1. 特定のサイトで、マイナス記号を含む文字列を読み上げるとホームページ・リーダーが異常終了してしまう不具合の改善。
2. 変換キーによるIMEのオンにおける動作に関する不具合の改善。
3. 文字列検索などで、IMEがオンの状態のままで、ホームページ・リーダーの読み上げ画面に戻ったときに、スペース等の読み上げキーが利用できない不具合の改善。

IBM 修正プログラム4 - Japan
http://www.ibm.com/jp/accessibility/soft/hpr304faq1001.html#main

【3月7日】アイ・クリエイツのソフトウェア販売

平成18年3月7日より代引きでのお支払い方法をご利用いただけるようになりました。是非ご利用ください。
お支払い方法について
1.銀行振り込みの場合…振込み手数料はお客様でご負担願います。送料無料(離島・外国などを除く)
2.代引きの場合…代引き手数料および送料のご負担をお願いいたします。

詳細は、特定商法に基づく表示のページをご覧ください。

【1月16日】町田商工会議所のホームページがリニューアルオープン!

平成18年1月、東京都町田市の町田商工会議所のホームページがアクセシビリティに配慮したウェブサイトとしてリニューアルオープンしました。

町田商工会議所

2005年

【12月28日】IBMホームページ・リーダー(HPR)3.04修正プログラム3の公開について

IBMよりホームページ・リーダーの修正プログラムが公開されました。この修正プログラム3は、以下の問題について修正されています。詳細はIBMホームページをご覧下さい。

IBM 修正プログラム3 - Japan
http://www.ibm.com/jp/accessibility/soft/hpr304faq1001.html#main

【12月2日】IBMホームページ・リーダー(HPR)3.04修正プログラム2の公開について

IBMよりホームページ・リーダーの修正プログラム2が公開されました。この修正プログラム2は、カーソル読み上げモードでの読み上げの改善や、IMEの変換時のいくつかの問題について修正するものです。

IBM 修正プログラム2 - Japan
http://www.ibm.com/jp/accessibility/soft/hpr304faq1001.html#main

【10月28日】キラリ・まちだ発見 第二回町田市産業祭 イベント出展のお知らせ

東京都町田市では下記の通り、来る10月29日・30日の2日間に亘って、第二回町田市産業祭を催します。アイ・クリエイツでは、このイベントに町田ソフトウェア振興会のメンバーとして出展し、障害者支援のIT関連商品について展示をいたします。楽しい企画もたくさんありますので皆様どうぞお立ち寄りください。

イベント : キラリ・まちだ発見 第二回町田市産業祭
会期 : 2005年10月29日(土曜日) 午前10時から午後5時、30日(日曜日)午前10時から午後4時30分
会場 : まちの駅「ぽっぽ町田」ほか
展示予定 : IBMホームページ・リーダーV3.04、PC-TalkerXP、プレクストークPTR2・PTN1 ほか
※アイ・クリエイツは「ソフトウェア振興会」メンバーとして出展します。

【9月1日】ホームページ・リーダーWindows版 Ver3.04 リリースアップのお知らせ

8月31日付けでIBM ホームページ・リーダーのリフレッシュ版が、IBM ホームページ・リーダー Windows版 バージョン 3.04 として、2005年9月14日より、日本IBMより出荷予定となりましたことをご案内いたします。
IBM ホームページ・リーダー Windows版 バージョン 3.04は以下の機能を追加したリリースです。本ソフトウェアの提供開始を持って、旧バージョン「IBMホームページ・リーダー Windows版 バージョン 3.01」の提供を終了いたします。製品番号およびIBM標準使用料金(パッケージ版15,750円、インストール版8,400円)に変更はありません。また、バージョン 3.01からバージョン3.04へ移行するソフトウェアの提供はありません。
Adobe(R) PDFファイル、Macromedia Flashコンテンツの読上げ、ホームページの拡大機能などを追加

IBM HPR V3.04について - Japan | IBM 修正プログラム1 - Japan(修正用プログラムのダウンロードがあります)
アイ・クリエイツ IBMホームページ・リーダーV3.04のご購入依頼ページ

【5月27日】 「よみともVer5.5」「プレクストークPTN1」価格改定のご案内

活字文書朗読システム「よみともVer5.5」(開発元:株式会社IRIユビテック)およびデジタル録音図書の再生専用機「プレクストークPTN1」(開発元:シナノケンシ株式会社)の両商品について、下記のように価格改定をお知らせいたします。
よみとも 平成17年5月15日より
Ver5.5:新価格 73290円(税込) Englishオプション:新価格 10500円(税込) Ver5.5+Englishセット:新価格 81900円(税込)
プレクストーク 平成17年5月23日より
PTN1:新価格 36750円(税込) 
株式会社IRIユビテックシナノケンシ株式会社

【4月12日】 Webアクセシビリティ・シンポジウムのご案内

昨年6月には、高齢者や障害者も情報に問題なくアクセスし、利用できるよう、JIS規格でWebの標準を制定した。視覚障害者と共に歩む会ハーモニーと読売光と愛の事業団は共同主催で、Webの利用者をはじめ、音声ブラウザやスクリーンリーダー開発者、Webの製作者・発注者らが一堂に会し語りあうシンポジウムを開催する。
日時 : 5月25日 水曜日 午後3時〜7時
場所 : 中野サンプラザ8F・研修室2 Tel: 03-3388-1155
定員 : 80名 (先着申し込み順)
Web アクセシビリティシンポジウム
共催:視覚障害者と共に歩む会ハーモニー読売光と愛の事業団

【3月28日】 NOD32テキストマニュアル配布のご案内

2005年3月、「あいあいくらぶ」では、ウイルス検出・駆除ソフトである「NOD32アンチウイルス」のテキストマニュアルを作成した。ソフトウェア製作元であるキヤノンシステムソリューションズ株式会社の賛同を得て実現したものである。 このマニュアルは、PDF形式のマニュアルを元に作成したもので、スクリーンリーダーでも読めるようにプレーンテキストの形式になっている。なお、あいあいくらぶではマニュアルテキスト化作業のボランティアを募集している。
あいあいくらぶ
テキスト形式マニュアル配布についての問合せ先:
キヤノンシステムソリューションズサポートセンター TEL:03-5730-7197 FAX:03-5730-7122 E-mail

【3月19日】 日経パソコン調査 企業サイトユーザビリティランキング 2005

日経パソコンは、2004年に引き続き、主要企業のユーザビリティ(使いやすさ)を比較する「企業サイト ユーザビリティランキング 2005」をまとめた。
今回の日経パソコンの調査では、昨年6月に発効したJIS(日本工業規格)のアクセシビリティ基準を参考に、 高齢者や障害者などに対して配慮したつくりになっているかどうかを重視し、 さらに、4月の個人情報保護法の全面施行を控え、個人情報保護方針の公開など、情報公開の進展度も評価している。
IT Pro ニュース 3月18日 ※調査結果の詳細は、日経パソコン3月14日号に掲載

【3月18日】 Web アクセシビリティ・ツールボックス 1.0.1

Infoaxia から3月15日に公開された Web アクセシビリティ・ツールボックスとは、ブラウザのMozilla Firefoxの拡張機能として動作する無料アクセシビリティ検証ソフトである。
このソフトは、Web ページをJIS X 8341-3(日本工業規格)やW3C等のアクセシビリティ・ガイドラインに対応させたいと考えているWeb 制作者や、ウェブサイトの運営者を対象として開発されており、日頃の見落しがちなアクセシビリティ上の問題を発見することができるという。
Infoaxia Web アクセシビリティ・ツールボックス

【2月8日】 第4回ユニバーサロンアクセシビリティセミナー「ユーザビリティ専門家評価とユーザーテスティングによるアクセシビリティ拡張のコンサルティング」

ウェブアクセシビリティの第一人者、マイケル・パチェロ氏とソシオメディアの篠原稔和氏により検証ツールでは満たすことのできない正しいアクセシブルユーザーエクスペリエンス(AUE)を知るための技法やユーザーテスティングの実施方法について自社の取り組みを具体的に紹介。 アクセシビリティについてエキスパートとしてのスキルアップを目指す。
開催概要
日時: 2005年3月3日(木曜日)13時30分〜17時
主催: 毎日新聞社
協賛: ソシオメディア
詳細、参加申し込みは「ユニバーサロン イベント掲示板」へ

【2月7日】 事務機器のアクセシビリティJIS の公開コメント募集

事務機器を利用する際の情報アクセシビリティを向上させるための指針、「JISX8341高齢者・障害者等配慮設計指針情報通信における機器、ソフトウェアおよびサービス:事務機器」の素案に対する意見募集を下記アドレス(Web)上にて、実施中。
意見募集期間
平成17年1月26日(水)〜平成17年2月18日(金)
JBMIA アクセシビリティJIS原案作成委員会
http://www.jbmia.or.jp/new/accessibility.html

2004年

【12月6日】 プレクストーク・ポータブルレコーダー(PTR1)Ver.2.02

シナノケンシ株式会社
シナノケンシ株式会社より発売されている録音図書の再生・編集機プレクストーク・ポータブルレコーダー(PTR1)のバージョン2.02リリース予定が以下のように発表された。バージョン2.00への不具合に対処するもので、バージョンアップCDをPTR1本体に挿入するだけで自動的に実行される。
・平成16年12月14日以前の出荷分へは、無償でバージョンアップCDを送付。
・平成16年12月15日以降注文分はバージョン2.02の商品を発送。
詳細は、シナノケンシのWebサイトへ。
PTR1バージョン2.02リリースのご連絡
プレクストークのホームページ

【12月2日】 ボイスサーフィン Ver.3.0

アメディア
(株)アメディア(社長・望月 優、東京都新宿区)より発売されている、視覚障害者がホームページを閲覧するためのソフトウェア「ボイスサーフィン」のアップデート版が公開されています。詳細は、アメディアのWebサイトへ。
アメディア「ボイスサーフィン」
ボイスサーフィン Ver.3.0 評価版(起動回数限定)について

【10月5日】 ボイスサーフィン Ver.3.02

アメディア
(株)アメディア(社長・望月 優、東京都新宿区)は、このほど、視覚障害者がホームページを閲覧するためのソフトウェア「ボイスサーフィンVer.3」を開発、11月1日より出荷すると発表した。Ver.3よりWindowsXPにも対応し、利用者が目的の個所を見つけ出すための各種支援機能を充実させている。詳細は、アメディアのWebサイトへ。
アメディア「ボイスサーフィン」
ボイスサーフィン Ver.3.0評価版(使用期限:2004年11月23日)について

【8月22日】 アクセシビリティチェックツール

日本IBM aDesigner
2004年7月14日、視覚障害者が音声ブラウザーを使ってホームページを利用した時の聴こえ方や、高齢者や弱視・色覚異常の方がホームページを見たときの見え方等を容易に確認できるWebアクセシビリティのチェック・ツール「aDesigner」(エーデザイナー)を開発し、無償ダウンロードでの提供を開始した。aDesignerは開発者向けに最新技術を無償提供するサイト「alphaWorks」からダウンロード可能。
日本IBMのプレスリリース
alphaWorks aDesigner(英語)

ソシオメディア LIFT Ver.2.2
2004年7月21日、アクセシビリティ・ツール『LIFT for Macromedia Dreamweaver』の新バージョン2.2を発売開始した。6月20日に公示されたJIS X8341-3:2004に関連する新しいチェック項目が追加されている。新定価37,800円(税込)
ソシオメディア-アクセシビリティ・ツール「LIFT 2.2」
無料体験版ダウンロード(Windows版のみ) - LIFT 2.2

【6月21日】 情報バリアフリー関連のJIS 第3部 公示

高齢者・障害者等配慮設計指針のJIS化
2004年5月20日に第1部と第2部が公示されていた、「情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス」の分野における高齢者・障害者等配慮設計指針の「第3部ウェブコンテンツ」が、2004年6月21日公示された。

・規格番号:JIS X 8341-3:2004
・標題:高齢者・障害者等配慮設計指針−情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス−第3部:ウェブコンテンツ
・規格概要:高齢者,障害のある人及び一時的な障害のある人が,ウェブコンテンツを利用するときの情報アクセシビリティを確保し,向上させるために,ウェブコンテンツの企画,設計,開発,制作,保守及び運用をするときに配慮すべき事項について規定。
日本工業標準調査会(JISC)のホームページで閲覧可能。
財団法人日本規格協会(JSA)のオンラインショップで購入可能。
JIS X 8341-1 1,470円 (税込)
JIS X 8341-2 2,625円 (税込)
JIS X 8341-3 3,045円 (税込)

【5月21日】 情報バリアフリー関連のJIS公示

高齢者・障害者等配慮設計指針のJIS化
2001年4月よりJIS原案の作成が進められていた、「情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス」の分野における高齢者・障害者等配慮設計指針が、2004年5月20日、第1部:共通指針と個別指針となる二つのうち、第2部:情報処理機器(JIS X 8341-2:2004)が公示された。第3部:WWWコンテンツ(JIS X 8341-3:2004)は、6月20日公示の予定。
1. JIS X 8341-1 高齢者・障害者等配慮設計指針
−情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス− 第一部 共通指針
2. JIS X 8341-2 高齢者・障害者等配慮設計指針
−情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス − 第二部:情報処理装置
日本工業標準調査会 (JISC)のホームページで閲覧可能。
財団法人日本規格協会(JSA)のオンラインショップで購入可能。
JIS X 8341-1 1,470円 (税込)
JIS X 8341-2 2,625円 (税込)

【4月 1日】 プレクストークポータブルレコーダーPTR1

写真 プレクストークポータブルレコーダーPTR14月1日付けで、プレクストークポータブルレコーダーPTR1が日常生活用具の指定品目、価格は89,800円(非課税)となりました。
1. 対象商品:プレクストークポータブルレコーダー(PTR1)
2. 改定日:平成16年4月1日より
3. 新価格:89,800円
4. 種目名:視覚障害者用ポータブルレコーダー(基準額:89,800円)
PTR1特長と仕様について
プレクスター株式会社
アイ・クリエイツでもご注文受付け・申請用にお見積書およびカタログをお送りいたします。
お問合せは、電話 042-795-9048 ファクス 042-795-9049 E-Mail でどうぞ。

【3月16日】 95Reader Ver.6.0(XP Reader)

発売および予約注文開始
(株)システムソリューションセンターとちぎでは、視覚障害者支援のスクリーンリーダーの新バージョン6.0を発売することを発表しました。
追加および修正される機能
1.Windows2000/XP タスクトレイの読み上げ対応
2.音声エンジン (リコー製)の基本的改良
 ・IBM拡張漢字領域360文字の読み上げ対応
 ・辞書データのメンテナンス
3.アプリケーションソフトウェアなどへの対応
 ・Word2003、Excel2003、PowerPoint2003、PDF読み上げ機能の改良
(株)システムソリューションセンターとちぎ
アイ・クリエイツでも予約注文を受け付けております。
お問合せは、電話 042-795-9048 ファクス 042-795-9049 E-Mail でどうぞ。

【2月18日】 富士通アクセシビリティ・アシスタンス公開

WebInspector、ColorSelector、ColorDoctorの3つのツール群で構成
視覚障害者や色弱者のアクセシビリティを高めるための診断ソフトウェアツール群「Fujitsu Accessibility Assistance」を開発し、ホームページ作成担当者やデザイナーに向けて無償ダウンロードにて提供を開始した。Fujitsu Accessibility AssistanceはWebInspector(ウェブサイトの読みやすさをすばやく診断) 、ColorSelector(読みやすい背景色と文字色の組み合わせを選択) 、ColorDoctor(動画やプレゼンテーション資料もアクセシビリティチェック)の3つのツール群で構成されている。
富士通アクセシビリティ・アシスタンス

【2月 3日】 アクセシブルテクノロジー(支援技術)、健常者の6割にも恩恵

ForresterとMicrosoft調査(米)
マイクロソフトは、マイクロソフトおよびForresterデータによる調査研究の結果をリリースしました。この研究では、高齢化する労働者および雇用者に対して、アクセシブルな支援技術がピーク生産力を保証するのに有効であると示しています。また18歳から64歳のコンピュータユーザー(7420万人)のうち57パーセント、あるいは18歳から29歳の年齢層でさえも、50パーセント以上の人々が恩恵を受けるであろう、と示しています。
Microsoft PressPass(英語)
New Research Study Shows 57 Percent of Adult Computer Users ...

【1月20日】 声で読む新聞"ユビキタス・ラジオ"

PocketPC2003搭載のPDAでも利用可能に
特定非営利活動法人、日本サスティナブル・コミュニティ・センター(SCCJ)が開発した音声ブラウザ、「ユビキタス・ラジオ」。
これまでPocketPC2002搭載のPDAのみに対応していましたが、この度PocketPC2003用クライアントソフトウエアver.1.12をリリースし、2002、2003いずれのPDAでも利用可能となりました。
日本サスティナブル・コミュニティ・センター(SCCJ)

【1月16日】 IBM JAWS 4.5

お試し版 2004年版ダウンロード開始
2004年の12月30日まで利用できるJAWSお試し版のダウンロードが公開されました。以前のお試し版を利用されていた場合は、アンインストール(削除)してから、最新のお試し版をインストールしてください。
JAWS4.5お試し版ダウンロードのページ

2003年

【12月11日】 カラーコントラストチェッカーV2

「明度差と色差の判定」機能を追加
背景色と文字色の「明度差」と「色差」を数値化し、基準値と比較した結果を表示するようにしました。また、参考配色として自動補正した色合いも表示します。
カラーコントラストチェッカーV2へ

【12月 4日】 子どもの学習レベルにあわせてルビをふるプログラムの販売を開始

キッズページ、電子教材の作成が容易に
NTTアドバンステクノロジ株式会社は、従来の自動的にルビをふるプログラムに日本語辞書機能を拡張し、子どもの学習レベル(学年、漢字検定レベル、日本語漢字能力検定レベル)にあわせてルビをふる機能を追加し、提供を開始します。
2004年1月より販売開始予定

【11月28日】 SCCJが、内閣府よりバリアフリー化推進化功労者として表彰

平成15年度バリアフリー化推進功労者表彰
特定非営利活動法人日本サスティナブル・コミュニティ・センター(SCCJ)が、内閣官房長官表彰の受賞者として、11月27日内閣府本庁にて表彰されました。
<SCCJの取り組む活動>
「音で覚えるキーボード練習ソフト『ウチコミくん』、『ウチコミくん3D』の開発、普及、また無線インターネットとPDAを使った音声ガイドや、PCのスキルなしでニュースを聞ける『ユビキタス・ラジオ』の開発」
平成15年度バリアフリー化推進功労者表彰式(第2回)内閣府バリアフリー化の推進のためのホームページ
<祝>ウチコミくん3D送料無料セール(12月末まで)! 3,500円(税別) アイ・クリエイツへお申込みE-Mail

【10月23日】 ウェブコンテンツ(JIS素案)

公開レビュー開始
財団法人日本規格協会(本部:東京都港区) 情報技術分野共通及びソフトウェア製品のアクセシビリティ向上に関する標準化調査研究委員会(委員長 山田 肇)では、「高齢者・障害者等配慮設計指針−情報通信における機器・ソフトウェア・サービス − 第三部:ウェブコンテンツ(JIS素案)」をまとめ、公開レビューの実施を始めました。 実施期間:2003年10月24日(金)〜11月24日(祝)

【8月21日】 富士通「らくらくブラウザ」発売へ

らくらくブラウザ
知的障がい者がインターネットを利用しやすいように、漢字ひらがな自動変換や音声読み上げなどの機能を組み込んだソフトウェア「らくらくブラウザ」を富士通が開発しました。10月中旬に発売の予定です。価格は9,500円(税別)。

【6月12日】 E-MailおよびWebに自動ルビ振りサービス(無料)

アダプティブテクノロジー
アダプティブテクノロジーでは、Media Transcoderという、これまでにないフレームワークを用いた新しい障害者支援技術を提供しています。現在、PCはもちろん携帯電話・PHS・PDAのメール送受信機能で利用できる自動ルビ振りサービス、およびWebページへの自動ルビ振りサービスを展開中。 ディスレクシアや日本語学習中の外国人など漢字の読みが苦手なかたたちにも手軽に利用できるサービスです。

【3月26日】 IBMのACパートナーになりました!

IBM ACパートナー
アイ・クリエイツは、日本IBMアクセシビリティセンター協力会社・団体「ACパートナー」の仲間入りをしました。ホームページリーダー・JAWSなど高齢者や障害のある方々にIT機器・ソフトの購入から導入後のサポートまで一貫したサービスを提供いたします。
アイ・クリエイツは、各種メーカーの商品をお取り扱いしています。IBM、SSCT、SCCJ、アイフレンズ、アクセステクノロジー、アメディア、高知システム開発 他

【2月12日】 スクリーンリーダー最新情報

JAWS for Windows(IBM Version) Version 4.5
機能も拡張し、JAWS XP版「JAWS for Windows (IBM Version) V4.5」が発表されました。 店頭発売開始予定日は、2月28日(金)です。

PC-Talker XP 最新モジュール Ver.1.10
Ver.1.10の機能アップが発表されました。
マクロメディア社のFlash MXのアクセシビリティ機能で制作したコンテンツの読み上げに対応しました。 また、 Word、Excelの読み上げ機能を強化させたほか、Windowsロゴにも対応してインストール・アンインストールが簡単に行なえるようになりました。

【1月29日】 アクセシブルサイト・コンテストの実施について

実施概要
  1. 主催:電気通信アクセス協議会
  2. 後援:総務省(予定)
  3. 募集部門:

【既存サイト部門】
審査期間中にネット上で公開されているウェブサイトを対象とする
【オリジナル作品部門】
「みんなのウェブ」の主要ページを題材として、アクセシビリティにすぐれたオリジナル・デザインを募集する。最優秀作品は「みんなのウェブ」の新デザインとして採用を予定。
※詳しくは、 「みんなのウェブ」をご覧ください。

【2003年1月19日】 新刊書籍のご紹介

「アダプティブテクノロジー」
〜コンピュータによる障害者支援技術〜
コンピュータによるアクセシビリティを高め、障害者の自立生活、就労の可能性をひらく最新の支援技術を網羅的に紹介!
読者の便を考え、HTMLデータのCD-ROMが付録として付いている。
3200円 ISBN:4-7664-0954-X
問い合わせ: [慶應義塾大学出版会] 電話 03-3451-3584
http://www.keio-up.co.jp/

2002年

【12月21日】 新刊書籍のご紹介

「視覚障害者へのパソコンサポート入門」
ホームページの内容を音声で読み上げるパソコンソフトの使用マニュアル。お試し版の音声ソフト(30日間限定)や、視覚障害者のために本の全文の音声案内なども付いている。
2000円 ISBN:4-86055-030-7
問い合わせ
[全国視覚障害者インターネット接続支援連絡会]
電話 078-230-2440
http://asv.jp.org/

「誰でも社会」へ 関根千佳 岩波書店
高齢化が急速に進行する日本社会では、身体機能の低下が誰にも確実にやってくる。これからのもの・ひと・社会づくりはITを活用しながら「誰でも」使え、「誰でも」参加できるユニバーサルデザインがキーとなる。
1,800円 ISBN:4-00-023752-7
※障害者にはテキスト版の送付も可能
問い合わせ
株式会社ユーディット
電話 045-989-5173 ファクス 045-989-5133
http://www.udit-jp.com/company/sekine_book.html

【12月4日】 「色覚バリアフリー活動」の報道

11月24日(日) 午後 5:30〜6:30 JNN「報道特集」で「色覚バリアフリー活動」
11月27日(水) 午後 6:10より  NHK『首都圏ネットワーク』で色彩のバリアフリー
12月17日(火) 午前8時頃  NHKおはよう日本でLED信号機の色覚問題
関連サイト:ぱすてる-色覚問題研究グループ http://www.pastel.gr.jp/

【11月22日〜24日】 町田市公民館まつり開催のお知らせ

まちだ公民館まつり
町田市中央公民館のオープンイベントに、アイ・クリエイツは「町田まちづくりネットワーク・福祉ネット」の一員として参加し、Webのバリアフリーを紹介すると共に、視覚障害者向けのソフトウェアを体験するコーナーを設けます。また、アメディア社の「スパルタイプ」を使って、打ち込みの速さを競ってもらうゲーム感覚の催しを行なう予定です。
日時    : 11月22日(金)〜24日(日)  午前10時〜午後5時
場所    : まちだ中央公民館 JR町田駅徒歩5分  町田センタービル6・7・8階
   (福祉ネットのコーナーは6階団体活動コーナー)

お陰様で好評を頂き、無事終了いたしました。
演劇鑑賞券は、抽選の結果5名様に発送させて頂きました。
ご来場の皆様有難うございました。(11月25日)

【11月8日】 岐阜県のホームページがバリアフリー化

ホームページ閲覧支援システム
岐阜県では、11月25日から高齢者や視覚障害者にもやさしく快適にアクセスできる「ホームページ閲覧支援システム(日本語文字読み上げ・文字拡大・画面配色変換)」を全国都道府県で初めて導入する。

【11月4日】 国際ユニバーサルデザイン会議2002開催

公開レビュー開始
国際ユニバーサルデザイン会議2002開催
11月30日〜12月4日 パシフィコ横浜にて
参加申込みのページ

【9月6日】 松下産業機器 携帯型の情報機器

音声で識別
松下産業機器が視覚障害者用機器を開発。身の回りの品物を音声で識別するための携帯型の情報機器。2003年3月発売予定。1セット5万円台。たばこの箱サイズ程度。

【8月27日】 IBM ホームページ・リーダー

漢字の読み辞書修正版
「漢字の読み辞書修正版」のお知らせ(IBM Webサイトより)
(10月24日配布再開)

【7月26日】 アメディア新製品発売

スパルタイプ
アメディア新製品のキータイプ・トレーニングソフト「スパルタイプ」の発売をお知らせします。
メーカー希望小売価格3,600円。

【6月19日】 毎日新聞ユニバーサロンイベント

「こんな機械があったらいいな」シンポジウム
参加レポート を掲載しました。

【6月4日】 ラビットセミナー

ラビットITセミナー2002
参加レポート を掲載しました。

【5月23日】 毎日新聞ユニバーサロンイベント

UDモバイルホン体験会
毎日新聞社ユニバーサロン「UDモバイルホン体験会」
参加レポート を掲載しました。

【5月1日】 第17回「テクノロジーと障害者」参加レポート

レポート総括
CSUN第17回「テクノロジーと障害者」参加レポート完成。
第1回第2回第3回レポート総括

【4月26日】 アイ・クリエイツ掲載記事

タウンニュース
タウンニュースにアイ・クリエイツの記事が掲載されました。 掲載記事の内容はこちらへどうぞ。

【4月21日】 視覚障害者向けソフトの販売開始

アメディア代理店
アメディアの販売店として以下の製品(視覚障害者向けソフト)をお取り扱いできることになりました。
ヨメール、ユニメール、ボイス・サーフィン、ドットリーダー、ボイス・ギャラリー、TGDなど
ただ今製品紹介のページなどを準備中です。
詳しくはお問い合わせください。

【4月8日】 第17回「テクノロジーと障害者」

2001年

【11月28日】 アイ・クリエイツ掲載記事